お返し・内祝い

カードタイプのカタログギフトの魅力とは?おすすめギフトカード5選

カードタイプのカタログギフトの魅力とは?おすすめギフトカード5選

カードタイプのカタログギフトとは?

カードタイプのカタログギフトとは従来、冊子のイメージがあった「カタログギフト」をカード型にしたもので近年人気が広がっています。

使い方としてはカードに商品申し込み用ウェブサイトURLとID・パスワードが記載されているので、そこにアクセスをして好きな商品を選んでいきます。

相手に商品を選んでいただくという点では、従来の冊子型のカタログギフトとカードタイプのカタログギフトに違いはありません。

ではどのような点が違うのでしょうか?

カードギフトの魅力・メリットとは?

軽くて小さいので持ち運びに困らない

軽くて小さいので持ち運びに困らない

カード1枚なので、従来の冊子型のカタログギフトよりも重量が軽く、またサイズも小さいです。

なのでプレゼントの受け手にとって持ち運びが手間にならないのは嬉しいポイントです。

また保管という面でも、余計なスペースを取ることもないですし、利用後はそのまま処分が可能です。

コンパクトで荷物にならず、贈る相手にも気兼ねなくプレゼントできることから、スマートにギフトを渡したい方にはおすすめです。

商品を申し込む際にハガキを投函する手間がかからない

商品を申し込む際にハガキを投函する手間がかからない

 

冊子タイプのカタログギフトを受け取った側の手間として、「商品申し込みのハガキを書いて投函すること」があります。

人によっては、はがきを書いたり、投函に行く時間がなく、期限ぎりぎりになってしまったなんてことも。またあれこれ悩んでいるうちに、ハガキを紛失してしまった、ということもあるでしょう。

そんなとき、カードギフトではスマホやパソコンから、いつでもお申し込みが可能なので、申し込みたいときにすぐに申し込むことができます。

そしてカードは財布のなかや、カードケースなどにしまっておけば、紛失のリスクも低減するでしょう。

またオンライン受付なので、ご注文からお届けまでが従来よりもスピーディーなのも大きなメリットです。

ネットショッピングのような感覚でワクワクしながらギフトを選べる

ネットショッピングのような感覚でワクワクしながらギフトを選べる近年、スマートフォンの普及により、老若男女問わず、インターネットユーザーは大きく増えてきました。

そのような時代の中で、買い物もネットで済ませる「ネットショッピング」を経験したことある方も多いのではないでしょうか?

カードギフトで、専用サイトにアクセスし、ウェブサイト上のアイテムから、自分が欲しいものを選ぶという、この行為はまさにネットショッピングそのものです。

なのでネットショッピングの経験がある人なら、カードギフトの使用はスムーズに出来るでしょう。

他にも、紙を使用しないので環境に優しい点や、手間が少ない分、購入金額が多少安くなるというメリットなどもございます。

おすすめのカードギフト5選

冊子型と同様でカードタイプのカタログギフトの種類も数多くあり、選ぶのが難しく悩んでしまうと思います。

そこで今回はおすすめのカードギフト5選をご紹介させて頂きます。

リンベル スタイリッシュ e-Gift

「リンベル スタイリッシュ e-Gift」はご祝儀のお返しの基本である「引き出物」、「引菓子」、「縁起物」がセットになったカードになります。

これ一枚で、引き出物一式を贈る事が出来るのでとても便利です。

結婚式の引き出物で

「重くてかさばる」「荷物になる」「引き出物のせいで披露宴のあとが大変」

といった今まで多くの方が経験してきたこの悩みを「リンベル スタイリッシュ e-Gift」は解消します。

種類は全部で5種類あるので、贈る相手によって引き出物を分ける際もスマートに行えます。

5種類それぞれの金額については下記をご参考ください。

グロウ6,380円
ルミナス7,400円
トゥインクル8,580円
ブリリアント11,880円
スパークル14,080円

 

STYLISH e-GIFT グロウ BOXタイプ

シャディ カードギフトAS YOU LIKE・瑠璃

シャディのカタログギフト人気No.1商品である「AS YOU LIKE(アズユーライク)」「瑠璃」がこの度、カード型になってコンパクトに贈れるようになりました。

AS YOU LIKE・瑠璃では商品掲載数最大掲載点数が2500点以上といった品揃えの豊富さが特徴。

商品ジャンルも、グルメにスイーツ、テーブルウェア、インテリア、体験ギフトまで各コース充実したラインナップがあるので、年齢・性別を問わず、出産祝いや結婚祝い、内祝い、ちょっとしたプチギフトなど、様々な用途に対応が可能になります。

また価格帯も2,970円~110,770円と14段階に細かく分かれているので、幅広い金額のニーズに対して対応が可能。

カードのデザインについても和柄・洋柄の洗練された2デザインがあるので、お相手やシーンに応じてお選びいただくことができます。

品揃えが多いほど、相手が本当に欲しいものも見つけやすくなりますので、商品点数が多いカードギフトを贈りたい場合にはカードギフトAS YOU LIKE・瑠璃はおすすめです。

カードギフトAYL 10,700円コース

カードギフト瑠璃 10,700円コース

シャディのカタログギフトに関して更に詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

シャディのカタログギフトを大解剖!口コミ・評判は?中身は?
シャディのカタログギフトを大解剖!口コミ・評判は?中身は?カタログギフト大手のシャディって、どんなカタログを取り扱ってるの?口コミは?どんな商品が掲載されているの?利用方法は?など、シャディのカタログギフトを大解剖!贈る前にチェックして、相手にさらに喜んでもらえるギフト選びをしませんか。...

 

リンベル ザ・プレミアム

リンベル ザ・プレミアムに関しても総合カタログとして幅広い商品ラインナップを取り揃えております。

この商品の特徴は、徹底して上質感と高級感を追求したカタログギフトであるということです。

リンベル ザ・プレミアムは全部で7種類あるのですが、商品点数は約120点~約470点ほどで、「体験」「ダイニング」「グルメ」「リビング」「ファッション」「雑貨」の6つのカテゴリで厳選された商品をご用意しています。

高級感のあるギフトや、デザイン・機能・上質さにこだわり抜いたセンスある商品他とは一味違った商品などを贈りたいという方にはピッタリのカードギフトです。

7種類のそれぞれの金額については下記をご参考ください。

ベージュ6,380円
パウダーピンク11,880円
ウォーター17,380円
グレープ22,880円
ライム33,880円
スノー55,880円
シルバー110,880円

 


リンベル ザ・プレミアム ライム カード/BOXタイプ

ハーモニック やさしいきもち

ハーモニックの「やさしいきもち」は女性におすすめのカタログギフトで、カードタイプでも展開をしています。

この商品の特徴はオーガニックコスメや自然素材でできたインテリア雑貨、エコなファッション小物など、女性に喜ばれるアイテムに焦点を当てている点です。

女性向けの、おしゃれで洗練されたアイテムが多数あるので、女性ゲストへの結婚式の引き出物、結婚内祝い、出産内祝い、母の日など、様々なギフトシーンで喜んでもらえるカードギフトになります。

また赤ちゃんや小さいお子さまが安心して使えるおもちゃやグッズも掲載されているので、出産祝いとしても利用することができます。

カテゴリは「エコフレンドリー」「オーガニック」「アップサイクル&リサイクル」「自然素材」「フェアトレード」「ソーシャルプロジェクト」「産地支援」「伝統技術の継承」の8つに分類されており、商品点数は約250点~約320点程ご用意しています。

また、商品の種類は、「ふんわりコース」、「ゆったりコース」、「ほっこりコース」の3種類を展開をしています。

3種類のそれぞれの金額については下記をご参考ください。

ふんわりコース4,070円
ゆったりコース6,270円
ほっこりコース11,770円

 



オーガニックな商品満載女性に人気のカタログギフト「やさしいきもち。」

シャディ カードギフト スイーツ

シャディの「カードギフト スイーツ」は、その名のとおり、スイーツに特化したカードギフトです。

ゴディバやヨックモックなどの人気ブランドから、メディアで紹介されたオリジナルスイーツ、洋菓子や和菓子などを、ギフトの老舗であるシャディが厳選したプレミアムスイーツをご用意しています。

ギフトの王道であるスイーツは、老若男女問わず人気なことから、友達への誕生日プレゼントや、お返し、ちょっとしたプチギフト、社内イベントの景品などにおすすめです。

商品の種類は、「3080円コース」、「4180円コース」、「6380円コース」の3つに分かれています。

甘いものがお好きな方に、カードギフトでスマートに絶品スイーツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

カードギフト スイーツ3,800円コース

 

まとめ

今回はカードタイプのカタログギフトについてご紹介させていただきました。

冊子型のカタログギフトでも、カード型のカタログギフトでも

やはり「相手が自分で好きなものを選べる」という点は贈り物を選ぶ際にはとても重要なポイントです。

その上で、相手や場面に応じて、カードタイプが良さそうなのか、それとも、冊子型がいいのかを判断していきましょう。